腰痛予防に 正しい椅子の座り方

こんな座り方してませんか?

西宮かなで整体院 座り方のイメージ写真

腰痛になりやすい習慣の一つに「座り方」があります。特にデスクワークの方は座位で同じ姿勢が長時間続くので腰痛になるリスクは高くなります。

具体的に言うと、立っている時と比べて座位で腰にかかる負担は1.4倍です。結構ビックリな数字ですよね?座っている方が腰の負担が大きく、かつ長時間デスクワークをすると腰痛になりやすいのはこの数字からも明らかです。

そこで今回は正しい座り方について解説していこうと思います。

座り方を変えるだけで1日の疲れ方がずいぶん変わると思うので、ぜひ正しい座り方を習慣化してもらえたらと思います。

まずはよくある腰に負担のかかる座り方

西宮かなで整体院 悪い座り方 お尻をずらして持たれる座り方は骨盤で上半身の重さを受けきれず、腰の筋肉に負担をかけ続ける事になります。

西宮かなで整体院 正しい座り方

逆に腰を反りすぎて座る方もいます。この座り方も腰を反り続けているため、同じく腰の筋肉に負担をかけ続ける事になるので腰痛になりやすい姿勢です。

正しい座り方とは

西宮かなで整体院 正しい座り方

①ポイントは骨盤を真っ直ぐに立てる事です。上半身の重さをしっかりと骨盤に乗せる事で筋肉への負担を減らせます。

②お尻は背もたれにつくまでしっかり奥まで座ります。

③腰ベルトの上あたりに、写真のようにタオルを丸めたものを挟むと、良い姿勢でもたれる事ができるので楽になります。

④そして足はしっかりと床につけましょう。

これを習慣化するとかなり腰の負担は軽減できるはずです。一日終わりが楽になると思うのでオススメです。

注意点としては、いくら良い姿勢ができるようになったとしても長時間の同じ姿勢はやはり負担になるので、適度に席を離れて体を伸ばしたりする必要はあります。

いきなり完璧にはできないので、最初は「気がついた時に良い姿勢で座る」ぐらいのノリでやって下さい。繰り返すうちに習慣化できるようになりますよ。