骨盤周りの柔軟性を取り戻すストレッチ

今回は骨盤の柔軟性を取り戻すためのストレッチを紹介していきます。

全部で5つあります。

いずれも20秒から30秒程度で気持ち良い感覚で行ってくださいね。やりすぎは禁物!

股関節の外側を伸ばす

このストレッチの効果はコチラ

  • モモの太さやO脚といった足のライン
  • 便秘の改善

西宮かなで整体院 大腿筋膜張筋ストレッチ

歩くときに体重が外側にかかる人が多く、ももの外側が張って硬くなっています。

股関節の外側が伸びているのをイメージして、肩が床から浮かないように気をつけてストレッチしましょう。

股関節の内側を伸ばす

このストレッチの効果はコチラ

  • 婦人科系の不調改善

西宮かなで整体院 内転筋ストレッチ1

まず大股に足を開いて膝に手を置きます。

西宮かなで整体院 内転筋ストレッチ2

肩を内側に入れながら、手で膝を外に押します。

ポイントは「肘を曲げずに」押す事です。

内ももが柔らかくなると内臓が働きやすくなり、婦人科系の不調改善やお腹まわりのむくみが改善されますよ。

すねの外側伸ばし

このストレッチの効果はコチラ

  • 全身のむくみの改善

西宮かなで整体院 腓骨筋ストレッチ

一見、骨盤と関係なさそうなすねの外側ですが、外側重心で歩く方はここも硬くなっているので、柔らかくして足首を安定させましょう。

東洋医学の視点で見ると、膀胱ともつながりがある場所なので、全身のむくみに関係してきます。

このストレッチのコツは、小指側を持って下から上にひねるように伸ばす事です。何度かやるとすねの外側が伸びる感覚がわかると思います。

股関節を伸ばす

このストレッチの効果はコチラ

  • 腰痛の改善
  • ポッコリお腹の解消

西宮かなで整体院 大腰筋ストレッチ

写真のように両方の膝を曲げて、片方は膝を立てます。

西宮かなで整体院 大腰筋ストレッチ2

膝を立てている方のお尻を浮かせます。

この時に、腰を前に突き出すようにすると股関節の内側が伸びる感覚が分かると思います。

具体的にはここです👇

西宮かなで整体院の腸腰筋のイラスト

体のインナーにある腸腰筋という筋肉です。

腰骨から太ももの骨の内側についているのが分かると思います。

どこを伸ばしているか頭でイメージしながらストレッチをする方が効果は高くなるので、図を貼っておきますね。

体幹と骨盤を支える重要な筋肉なので、ここが硬くなると腰痛になりやすいです。

以上、5つのストレッチを紹介していきました。

毎回言っていますが、ムリはしない事!

元々腰痛があったりして痛みが強くなる場合はすぐに中止してくださいね。あくまでも基本は気持ちよい程度にほどほどにする事です。

それではまた次回!