顔がしびれるのはなんで?

こんにちは。西宮かなで整体院の渋江です。少し前に来られた患者さんで、顔がたまにしびれるような感覚になる、とお話しされた事がありました。

西宮かなで整体院の顔の写真

肩こりがあり首の筋肉も硬くなっていたので、胸郭出口症候群の症状かな?と思いました。(お医者さんではないので診断はできません)

 

きょ、きょうかくでぐちしょうこうぐん‥?何それ?

あまり聞き慣れない症状名ですよね。首の筋肉が神経を圧迫して出てくる症状の総称ですが、下にあげている症状で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

腕や手指の痛み、しびれ、顔のしびれ、手の冷感、頭痛、吐き気など。

症状がある方は首がガチガチに硬くなっている事が多いです。斜角筋(しゃかくきん)という首の筋肉が硬くなると自律神経を圧迫して交感神経が優位になります。

西宮かなで整体院の首の筋肉イラスト

首の筋肉が硬くなるのは、肩甲骨が不安定になっている事が原因です。

肩甲骨には首、背骨、肋骨などにつながるたくさんの筋肉がついていますが、これらの筋肉のバランスが不安定になる事で肩甲骨の位置が外にずれたり内にずれたり、又は浮き上がったような状態になります。

肋骨についている前鋸筋(ぜんきょきん)が筋力低下をおこすと、肩甲骨と背骨をつないでいる菱形筋(りょうけいきん)も一緒に筋力低下を起こします。

この2つの筋肉が筋力低下を起こすことで猫背の姿勢になっていきます。猫背になると首を前に突き出すような姿勢になり、首の斜角筋(しゃかくきん)と言う筋肉が伸ばされた状態になります。

これが首コリや顔のしびれなどの自律神経症状を引き起こしているのです。

マッサージなどで硬くなっている筋肉を直接ゆるめても、硬くなる原因に対処していないのでまた再発してしまいます。腰が痛いからといって腰を揉んでも治らないのと同じ理屈ですね。

根本的に改善するには弱くなっている筋肉を強くするしかありません。

自分でできるセルフケアのやり方を動画にしているので参考にしてみて下さいね。

肩甲骨の内側を鍛える方法(菱形筋)

この筋トレをすると肩甲骨の内側の力が出せるようになり首の負担が軽くなります。1ヶ月ぐらい続けると筋力がついてかなり首は楽になるはずです。

✅首が回しづらい

✅肩こり、首こりがある

✅首の後ろの筋がいつもパンパン

✅体をひねる動作が硬い

といった症状がある方にも効果的ですよ。

この筋トレであまり効果が出ない場合、一緒に働くもう一つの筋肉を鍛えると効果が出やすくなります。それが前鋸筋(ぜんきょきん)という筋肉ですが、長くなるのでまた次回お伝えしていきますね。