腰、肩、膝などの痛みが出るのはなぜ?

こんにちは。西宮かなで整体院の渋江です。今回は、腰、肩、膝などに痛みが出るのはなぜか解説していきたいと思います。

西宮かなで整体院の産後腰痛イメージ

痛みがない体と言うのは関節が正常な動きをしています。痛みがあると言う事は関節が正常に働いていないと言うことです。手首、足首、肩、膝、股関節などの関節は伸ばす筋肉と曲げる筋肉によってバランスを保っています。

この関節を支える筋肉が何らかの要因で働かなくなり、バランスが崩れると他の筋肉が代わりに働いて補おうとします。その原因は日頃の姿勢や歩き方など生活習慣がほとんどですが、骨折や捻挫などのケガがきっかけになる事もあります。

西宮かなで整体院のサボっているイラスト

要は、サボっている筋肉を補うために常に頑張っている筋肉があるということです。この状態が続くとがんばっている筋肉はどんどん硬くなり、サボっている筋肉はどんどん弱くなります。硬くなった筋肉が体の歪みを作り、これ以上歪ませられないとなった時に痛みが出てきます。

よくある治療法としては硬くなっている筋肉を緩ませるといった手法がたくさんあります。これは一時的には改善するかもしれませんが、なぜ筋肉が硬くなるのかと言う原因にアプローチしなければまた再発してしまいます。

サボっている筋肉がちゃんと働くようにアプローチすれば、硬くなっている筋肉は勝手に緩みます。西宮かなで整体院では、働いていない筋肉にアプローチするので根本的な改善が期待できます。原因に対してアプローチするので、セルフケアを覚えてもらえば自分で改善することもできます。

西宮かなで整体院のがんばるイラスト

どこに通っても良くならない慢性痛にお悩みの方は、自分の体のどの筋肉がサボっているのか原因を知ることが改善への第一歩です。ずっとサボっていた筋肉を働かせれば姿勢も良くなり痛みも改善していきますよ。もう治らないだろうと諦める前に当院へいちどお越し下さい。

 

#西宮 整体

#西宮北口 整体