【足のトラブルには足内在筋を鍛えるべし】

西宮かなで整体院の足内在筋の写真

・足がよくつる

・体重をかけるとかかとが痛い

・アキレス腱が痛い

・捻挫を繰り返す

 

など足のトラブルがある方は、足内在筋という筋肉を鍛えるととても効果的です。やり方はすごく簡単なので、ぜひ試してみて下さい。

足首を90度にした状態で足の指を全部曲げるだけ。できるだけ全力で。

たったコレだけです。足首が90度になっていれば立ったままでも座ったままでも構いません。人によっては親指が曲げられない、小指が曲げられない、又は力が入らない、という方もいますが、曲げにくい方に力を集中させる感じでやれば良いですよ。

さらに、この足内在筋が働くようになると、距骨という骨が足首の内側に入りやすくなるため、足を反らせやすくなります(背屈と言います)。足首を反らせやすくなるという事はアキレス腱が伸ばしやすくなるので、足内在筋→アキレス腱のストレッチの順番でやると足首が柔らかくなります。

西宮かなで整体院の距骨の写真

もう一度おさらいすると、

・足首を90度にする

・全部の指を全力で曲げる。このときに足首は90度を保ったままにして下さい。

・まずは、10秒✖️3セット 慣れれば増やしても大丈夫です。

・さらに、アキレス腱を伸ばすストレッチをすると足首が柔らかくなりやすいですよ。

 

足がつりやすい人は1週間から2週間続けてもらうと、足がつりにくくなるはずです。

ハイヒールをよく履く女性も足首が硬くなっている事が多いので、ぜひこの運動を習慣にしてみて下さい。足は体を支える土台なのでしっかりケアしてあげましょう。