【股関節痛の原因】

【股関節痛の原因】

今回は股関節痛の原因についてお話ししていきます。股関節に痛い方に共通するのは骨盤が後ろに倒れる「後傾」型の方がほとんどです。骨盤が後ろに下がる事によって、腸腰筋や中臀筋という股関節周りの筋肉の緊張が高くなります。

西宮かなで整体院の骨盤後傾のイラスト

この硬くなった筋肉が股関節の痛みを引き起こしているのです。という事は、これらの筋肉の緊張を落とさなければなりません。骨盤は多裂筋と腸腰筋という筋肉によってバランスを取っているので、腸腰筋の緊張が高いという事は、多裂筋がうまく働いていない状態です。

この多裂筋がしっかり働くようになると、腸腰筋が緩んでくるので痛みも改善に向かいます。ほとんの股関節痛はこの多裂筋の促通により良くなるのでお悩みの方は一度ご連絡下さい。

ただし例外もあります。股関節の外側が痛い場合のみ、多裂筋ではなく腸腰筋が働いていない可能性が高いので、この場合は腸腰筋を促通することで痛みが改善していきます。

もう一度確認しますが、場所は腰骨の下あたりです。一番ボコんと骨の突起があるところの下あたりが痛い時は腸腰筋を疑います。レントゲンを撮っても骨に異常はなかった方や、湿布でごまかしている状態の方は筋肉に問題がある事がほとんどですのでお気軽にご連絡下さい。原因をしっかり見つけてから施術いたします。