【姿勢で自分のクセを知る】

西宮かなで整体院の姿勢の写真

普段、体のどこに負担がかかっているか調べる方法をお伝えします。

写真の姿勢を見てください。この姿勢は膝から下の筋肉をほとんど使わない姿勢です。これで上半身の重さをどこで支えているかがわかってきます。

ぜひ自分でもやってみて下さい。やり方は膝がスネよりも前に出ないようにしてお尻を落とせる所まで落として下さい。

ちなみに僕は全然お尻が落とせてないですね(汗)太ももの後ろにかなり突っ張り感を感じているので、この事から、内転筋と多裂筋があまり働いていないと推測できます。もし腰が痛くなってもこの2つを鍛えれば多分治ります(笑)

理想はお尻の筋肉を一番使えているのが理想です。腰痛などの症状がある方はお尻にはあまり力が入らず、太ももの裏や前、腰そのものに一番負担を感じる方が多いです。

膝が痛い人は膝に一番負担を感じるのではないでしょうか?

お尻が使えていないという事は、他の筋肉が代わりに上半身を支えなければいけなくなり、そこがいつも過剰に働いているという事になります。

西宮かなで整体院では、この筋力バランスを変えていく事で腰痛などの症状を改善していきます。働きすぎている筋肉があるという事は、働いていない筋肉があるということです。

働いていない筋肉が働くようになる事で、筋力バランスは簡単に変わります。腰痛などの症状でお悩みの方は、まず原因を知るところから始めてみませんか?

 

当院がお役に立てると思います。気になる方はお気軽にご連絡くださいね。