【膝の痛みの原因】

整形外科に通って痛み止めの注射を打っている。

整骨院でマッサージや電気をあててもらった。

けど改善しない‥膝痛でお悩みの方へ。

こんにちは。西宮かなで整体院の渋江です。今回は膝痛の原因について解説していきますね。

というのも本日、80歳の女性の方が膝が痛くて治らない!と当院に来られました。上に書いている事はその方が言われていた事です。話を聞いてみると、原因を教えてもらった事はない様子で、とりあえず痛みを取るために注射を繰り返していたり、整体で施術を受けても変わりなし、といった状況だったそうです。

痛みが無くならないのもそりゃそうだよな、と思いながら聞いていました。対症療法ばかりで原因にアプローチしていないからまた痛くなるはずです。

写真を見てもらうと分かる通り、膝を曲げると痛いのでベッドに手をついて何とかいけるところまで屈伸をしてもらった状態です。

施術前に検査をすると、骨盤が後ろに倒れていて歩く時も外側に重心がかかっているので、太ももの内側の筋肉が全く使えていない状態でした。ここがポイントです。

なので外側の筋肉の緊張が強く、膝が外側に引っ張られて痛みが出ている状態です。という事は使えていない内側の筋肉を使えるようにすれば痛みは出ないという事です。

具体的に言うと、

内転筋、内側ハムストリング、腸腰筋です。この方の場合はここが膝痛の原因となる筋肉でした。これらの筋肉が働くようになると、写真のように、1度施術しただけでもこれだけの可動域の改善が見られます。いつもの痛い動作をしてもらっても「あれ?痛くない?」と不思議そうな顔をされてました。(笑)

もちろん一度で全てが良くなるわけではないですが、繰り返し施術をする事で、筋肉のバランスが良くなり膝の痛みもなくなっていきます。

膝の痛みは病院や整体に通っても中々よくならないという声を聞くことが多いですが、当院では原因をしっかり突き止め施術いたしますので、初回から変化を感じていただけると思います。

どこに行っても改善しない膝の痛みでお悩みの方は一度ご連絡くださいね。