腰痛の原因を探す方法

腰痛の原因

西宮かなで整体院の腰痛の写真

西宮かなで整体院では、腰痛の方を見る時に必ずどこに原因があるかを探していきます。

腰痛は骨盤を支える筋肉のバランスが悪くなっていると起こります。

具体的には股関節を伸ばしたり曲げたりする筋肉バランスを見ていくわけですが、腰痛がある方は股関節を曲げる筋肉が硬くなっていたり、逆に伸ばす筋肉が硬くなっていたりします。

骨盤を支える筋肉が働いていないという事は、代わりにどこかの筋肉がフォローしなければいけない状態ということです。

よく仕事に例えるのですが、いつも休む社員て決まってませんか?(笑)ということは抜けた穴をいつもフォローしている社員も必ずいます。

筋肉も同じで、働いていない筋肉をフォローする筋肉が必ずあり、その筋肉が過剰に働き続けることで限界を超えて痛みとして出てくるのです。

痛い場所をマッサージしても無意味

西宮かなで整体院の腰痛マッサージ

よくマッサージに行って痛いところを揉んでもらうという方がいますが、痛い場所は根本的な原因ではないので良くなることはありません。

一時的に血流が良くなり痛みも緩和されますがすぐに元に戻ってしまいます。

特に気を付けないといけないのが「強くもんでもらっている」方です。筋肉は強くもむと固くなる性質があります。

なので、今までの強さでは効いている感じがなくなり、「もっと強く」揉んでくれないと気持ちよく感じなくなります。しかし、筋肉は固くなればなるほど血液の循環が悪くなるので痛みは余計に強くなってしまうのです。

マッサージに行くときは優しめの力でしてもらうようにして、癒しを目的として行く事をおススメします。

腰痛は腰の周辺に原因がない場合もある

西宮かなで整体院 全身の筋肉

腰痛を改善するには骨盤を支える筋肉のバランスを良くしていく事です。

しかし、その骨盤を支える筋肉を施術をしても腰痛が改善しない場合もあります。

その場合、次に見るポイントは肩甲帯か膝周辺の筋肉です。つまり腰の隣にある関節の筋肉を見るということです。

確率的には肩甲帯に問題があることが多いですね。肩甲骨の筋肉が働いていないせいで骨盤の筋肉に力が入りにくくなることもあるのです。

このように問題がある関節周辺の筋肉を施術して、良い結果が出ない場合は隣の関節を調べるという手順で行っています。

腰をやってもダメなら肩甲帯、肩甲帯をやってもダメなら膝、どちらもダメなら手首か足首、といったように消去法で施術していくと本当の原因にぶつかるというわけです。

根本的な原因さえわかれば、自分でもセルフケアで良い状態をキープしていくこともできるので、どこに行っても良くならない腰痛でお悩みの方はぜひご相談くださいね。