安静時にも痛みが続く方は要注意

わき腹の痛み
以前、ウチに来院された方で、
坐骨神経痛の症状で来院された方がいました。

始めは、股関節やお尻が痛い、と訴えがあり、

座っているのもしんどい、
寝ている時も痛むときがある、
歩いても痛い、

と一日の中で、痛みが出ている時間が
とても長く、生活そのものが辛そうでした。

こちらも少しでも楽になってもらいたい、との思いから
全力で施術を行い、生活指導もさせてもらいましたが、
痛みはどんどん増すばかり。

睡眠もろくに取れず、痛み止めもほとんど聞かない状態。
大体の方は、痛みの原因は筋肉にあり、
施術後は痛みが軽減したり、
可動域が広がったりするものですが、

痛みは変わらず、そのうち、左の脇腹にまで
痛みが出だしました。

「これは何かおかしい・・・」
と思い、病院の受診をすすめましたが、
病院嫌いの方だったので、中々受診してくれません。

たしか、5~6回ほど、しつこいぐらい受診を促し、
ようやく決意してくれました。

しばらく日が経ってから連絡があり、
「前立腺のガンが見つかり、骨にも転移しているみたいです」
と教えてくれました。

上記の事は滅多にないケースですが、
安静時にも腰が痛い、左わき腹や背中が痛い、という方は、
内臓の病気やガンの疑いもあります。

そういった場合はやはり、病院で診てもらう方が良いでしょう。

コメント


認証コード0887

コメントは管理者の承認後に表示されます。