肩こりの悩み

なぜ?どこに行っても改善しなかった

肩こり

当院の施術で楽になるのか?

こんな肩こりの症状にお悩みではありませんか?

[check]子供の頃から肩こりで、もう治らないと思っている
[check]肩が重いを通り越して気持ち悪くなってくる
[check]ストレッチをしているがやり方があっているのか分からない
[check]マッサージでその時は良くなるが、帰るころには元通りになっている
[check]姿勢が悪いので治したいと思っている

辛いですよね。
でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じ症状に悩んでいた人が
当院の施術で改善されております。

まずは当院の施術を受けて、肩こりが改善された喜びの声をご覧下さい。

肩こりが治りました!本物の治療に出会えて嬉しいです。

肩こりが治りました

整体ってよく聞いたりしてますが本当はどんなことをするの…?と思いながら、ずーっとマッサージを受けていました。

マッサージをしたその時は気持ちが良かったけれど、あくる日はまた肩こりに悩まされる日々の繰り返し!!

ある時当院を紹介されて、本当は体を基本から治さないと歪みがある限り肩こりが治らないことがわかり・・・整体の意味が良くわかりました!!

私の体をよくわかって説明して頂いて、本物の治療に出会えて嬉しいです。若い先生なので新しい治療を取り入れている事に感心ですね。

歳ですが…(笑)整体の力を借りて姿勢を美しく歩きたいと思ってます。


いかがですか?
きっとあなたの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。

そのためにも、まずはあなたが苦しんでいる
肩こりの症状について理解しておく必要があります。

◇そもそも肩こりとは◇

肩こりがつらい
肩こりの原因は諸説ありますが、結論から言うと筋力の低下や、筋肉を覆う筋膜の硬さ、ねじれ等が原因です。

マッサージをすると血行が良くなり、一時的に良くなりますが、
またすぐに元に戻ってしまいます。

では、肩が硬くなってコリができてしまうのはなぜでしょうか?

◇肩こりを改善するには肩甲骨の関節を強化する

肩甲骨の関節を守る筋肉は2つあります。
一つは、肩甲骨と背骨の間にある「菱形筋」と、
肋骨の脇の方にある「前鋸筋」という筋肉です。

「菱形筋」が弱くなると、肩甲骨を背骨に寄せる
力が弱くなるため、首の裏の筋肉が通常よりも
働こうとします。「首の裏筋が張ってる」方は
菱形筋が弱くなっている可能性があります。

ちなみに菱形筋が弱くなって、首筋が突っ張る筋肉は
「肩甲挙筋」と呼びます。
肩こりで首の筋が張る
肩こりの原因は前鋸筋の筋力低下

「前鋸筋」が弱くなると、肩甲骨が外に引っ張られて
菱形筋が硬くなります。これが肩こりの原因です。
酷くなると、高いものが取れない、手が後ろにまわらない、
首を寝違えやすくなることにも繋がります。

◇なぜ、当院では肩こりに対応する事ができるのか?◇

筋肉の問題をみつける

当院では、痛みの原因がどこにあるのか、体の動作チェックを行います。
動きをみながら、弱くなっている筋肉を特定していきます。

可動域が狭い、関節に痛みがある場合は、姿勢を維持するための筋肉が弱くなっている事があります。
弱くなっている筋肉は弱いまま、一部の筋肉は過剰に使い続ける状態が続き、可動域が狭くなっているのです。

その次にコリや疲れといった状態になり、痛みが出てくるようになります。

筋肉を狙った施術では、弱くなっている筋肉を強くしていくので、過剰に働いている筋肉の負担が減り、関節を支える筋肉が安定してきます。

可動域が出てくることで、痛みも改善に向かっていくのです。

筋膜の癒着を剥がす

さらに、筋膜の調整では、筋肉を覆っている膜=筋膜に癒着がないか見ていきます。
癒着がある場合、関節の動きが悪くなり、可動域に制限が出てきます。

検査では、体のどのラインに癒着があるかを特定してから、
ラインに沿って全身の筋膜の癒着を剥がしていきます。

筋膜説明 絵
首の付け根や肩を揉むと気持ち良いですが、筋肉は強く揉むと硬くなる性質があります。なので、揉みすぎると段々硬くなり、もっと強く➡もっと硬く➡もっと強く・・・と悪循環になります。

硬くなった筋肉は血管を圧迫して血行不良をおこし、肩が重くて頭痛もする、といった症状に繋がる事もあります。

肩こりの原因ですが、肩以外の場所に原因がある事が多く、肩を揉んでも根本的な解決になる事はほぼありません。では、原因はどこにあるのでしょう?

それは、日々の体の使い方や姿勢によって変わってきます。大きく分けると、体のある部分に「使い過ぎ」か「使わなさすぎ」の場所があるはずです。

例えば、座り仕事で一日中パソコンを使うお仕事の方は、手首や腕が原因だったり、肩甲骨の位置がずれている事が原因になっている事があります。

心的ストレスを抱えている方に多いのは、噛みしめる事が癖になって、顎や首回りの筋肉が硬くなっている事が多く、自律神経の症状が出ている方もおられます。

筋膜は全身を覆っているボディスーツのように一枚になって繋がっているので、肩から遠く離れた足に問題がある事もあり、足を少し触って肩が楽になると、多くの方が驚かれます。

日ごろの体の使い方で、人それぞれ癒着のラインは変わってきます。
問診では、日常でどんな姿勢が多いか、仕事でどんな体勢を取る事が多いかも質問させて頂きますのでご了承下さい。

当院は「筋肉」と「筋膜」からの痛みの原因を特定し、根本的な改善を目指していきます。また、日常生活で気を付けてほしい事や、自己整体などもお伝えしますので、ご自身でも、体調管理ができるように全力でサポートさせて頂きますね。
自己整体イメージ

ここまで読んで頂けた方は、肩こりを真剣に治したいという強い意志をお持ちだと思います。施術を受けて頂いた方には、Youtubeで自己整体の復習動画もLINE@で送らせて頂きます。お家でも自分で自分の体を調整できるように一緒に頑張っていきましょう!

Top / 肩こりの悩み